MENU

痩せる漢方「防風通聖散」を処方してもらうには?

ダイエットをしたことのある人なら聞いたことがあるかもしれませんが、「防風通聖散」という漢方をご存じでしょうか。代謝を高め、脂肪の排出を促す効果のある「防風通聖散」は、18種類の生薬からできています。漢方は生薬や植物から作られているので、体に負担となる化学的な成分は含まれていません。100%天然素材なので苦味などがあるのが特徴ですね。

 

そんな「防風通聖散」はドラッグストアなどでも買うことができますが、「病院で処方」してもらうことも可能です。ここでは、「防風通聖散」を病院で処方してもらう方法について話していきましょう。

 

重度の便秘や肥満症の人に処方される

 

防風通聖散には便秘やむくみを改善する効果、そして脂肪の燃焼を促す効果があります。そのことから、「重度の便秘や肥満症」の人がそれを改善するために病院へ行くと、処方してもらうことができます。医療機関によっては漢方を扱っていないところもありますから、漢方を処方してもらえるかどうかは事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

 

「防風通聖散」は、発汗作用、利尿作用、便通促進作用などがあります。ダイエットにも非常に効果的だと言われていますね。

 

個人的に防風通聖散を買うと7000円や8000円ほどかかってしまいますが、「処方せん」があれば3割負担ですみます。肥満を改善するためにはある程度の期間飲み続けなければならないので、費用が安くすむのは嬉しいですね。

 

費用が安くならないときもある

 

実は、処方してもらって「費用が安くなる」のは、肥満症や便秘などの「病気」を改善する目的の場合のみです。「ダイエット目的」の場合は自由診療となりますので注意してください。あくまでも「病気の治療」の場合のみ、防風通聖散は病院からの処方で安く購入することができるのです。

 

病院で処方してもらえる防風通聖散は、「ツムラ」や「クラシエ」のものが多いです。病院で処方してもらいたいときは、便秘などで受診して「防風通聖散を出してほしい」と要望してみると良いでしょう。