MENU

市販の「痩せる漢方」について

みなさんは、「漢方」をどこで購入していますか?薬に市販薬と処方薬があるように、実は漢方にも市販のものとそうでないものがあります。特にダイエット効果のある「痩せる漢方」は、若い女性を中心に非常に人気がありますよね。ドラッグストアで売られている市販のものなら手軽に購入できるので、なおさら人気が高いのでしょう。ここでは、そんな市販の「痩せる漢方」防風通聖散について、お話ししていきたいと思います。

 

防風通聖散はこんな漢方

 

漢方にあまり詳しくない人だと、「防風通聖散」と聞いても何がなんだか分からないですよね。防風通聖散という漢方は18種類の生薬から作られていて、便秘の改善、むくみの改善、新陳代謝の促進、そして脂肪の排出など様々な効果をもたらします。

 

ズボンやスカートの上にお腹が乗っているCMを見たことがあるでしょう。あのようにお腹回りに脂肪がつきすぎた状態では、他の病気を招く可能性もとても高くなります。生活習慣病の予防や改善の効果もある漢方、それが「防風通聖散」というわけです。

 

防風通聖散の市販品は?

 

では、ドラッグストアなどで売られている市販の「防風通聖散」にはどんなものがあるのでしょうか。

 

生漢煎防風通聖散のように「防風通聖散」という名称のまま販売されているものもあれば、小林製薬の「ナイシトール」やクラシエの「コッコアポプラスA錠」のように名称には防風通聖散とは書かれていないものもあります。防風通聖散が主成分のものであれば、「痩せる効果」は期待できると言えます。

 

値段はメーカーによってピンキリですが、錠剤タイプよりも顆粒タイプのほうが若干高めであることが多いようです。このような防風通聖散「痩せる漢方」は第2医薬品扱いなので、飲むときは用量用法をきちんと守ってくださいね。

 

1日2回や3回など、同じ「防風通聖散」であってもメーカーによって違います。早く痩せたいからとたくさん飲みすぎるのは危険なので、絶対にやめましょう。