MENU

防風通聖散の副作用「下痢」について

薬やサプリメントなどを、1度も飲んだことのない人はいないでしょう。処方薬であっても市販薬でも、誰でも何かしら飲んだことはありますよね。そのとき、何か「副作用」は出ましたか?わたしたちが普段何気なく飲んでいる薬でも、「眠気」や「胃のむかつき」などの副作用が出ることがあります。そこまでキツい副作用ではないので、あまり気にしたことがないかもしれませんね。

 

さて、漢方は植物から作られているものなので、「副作用はない」と思っている人もいるかもしれません。ここでは、「防風通聖散」という漢方の副作用についてお話ししたいと思います。

 

防風通聖散の副作用

 

18種もの生薬からできている「防風通聖散」には、どのような副作用があるのでしょうか。

 

まず多くの人が感じているのが「下痢」です。防風通聖散には「便秘を改善する」効果もあるので、効きすぎてしまうのかもしれません。防風通聖散には下剤と同じような成分が配合されているので、下痢になることが多いのです。

 

たとえ下痢になっても「痩せたいから」と気にせず飲み続けていると、

 

  • 食欲不振
  • 肺炎
  • 黄疸
  • 肝機能障害

 

などの重い副作用が出てしまうこともあります。「痩せたい」という気持ちは分かりますが、ダイエットは「健康的に」行わなければ意味がありません。

 

防風通聖散は「薬」です

 

漢方は生薬や植物から作られているので、人工的な成分は使われていません。とは言うものの、漢方に使われている生薬には「薬」と同じような効果をもたらすものも多いのです。

 

漢方だから副作用はない、というわけではありません。先ほどお話ししたように、下痢などの副作用は比較的「メジャーな副作用」だと言えます。

 

防風通聖散はドラッグストアなどでも買えますが、第2医薬品扱いです。「薬」であれば、必ず副作用が出る可能性があるということです。用法用量を守ることはもちろんですが、もしも下痢などの副作用が出たときには使用をやめ、様子を見るようにしてください。